浮かれポンチのちマゾな蝶ヶ岳

FH000034

へい。北アルプス蝶ヶ岳に登ってきた。三股登山口から山頂まで3時間(コースタイムの6割ぐらい)となかなかいいペースで登りきって、最高の景色を眺めながら浮かれに浮かれまくっていた。この後とんでもない地獄が待ち受けてるとも知らずに。

 

FH000030

「山とセルフタイマーと私」浮かれてますね。

 

FH000032

相変わらずしょぼい山頂。稜線と山頂がはっきりしていないのがダメなんだぞ。

 

FH000022

時間的に常念岳まで行く余裕ありありだったけど面倒くさくなっちゃたわけで。

 

FH000024

生ビールは夏になってからだよって小屋の人が言ってました。

 

FH000035

天国感ありますよね。

 

ここまでは良かったんですよ。ここまでは。飯も食ったし夜は松本で飲む予定もあるから下山開始。マゾ到来。あれ?右膝が痛い...。 騙し騙し歩いてる内に痛みが悪化して、まともに足を曲げられない状態に。一歩踏み出すたびに「ぬおおお!」と苦悶。本気でレスキュー要請を考えた。

 

FH000018

 

FH000019

ゴジラの木まで下りてきた時点で完全にグロッキー。この後は沢に膝をつっこんで冷やしたり登山道に横たわったりと奇行を繰り返しながらなんとか下山した。腸脛靭帯炎の再発だなこりゃ...。ってかさ常念岳まで行ってなくて本当に良かったよ。ちなみに下山に4時間近くかかった(登りは3時間だった)。

 

蝶ヶ岳が嫌いになりそうだったけど、夜はきゃみさんと美味しいビールが飲めたのでまあいいか。それだけでも松本に来たかいがあったってやつ。

 

 

FH000015

ちなみに翌日は富山に帰って昼ビール。これまた最高だった。

 

やっぱり登山よりビールだな。

にちようび

20180401_18

One Fine Day

 

昼から「クラフトビールが飲みたい」の一念で新幹線に乗って富山市に行く人がいるらしい。帰りは鈍行で帰ったらしい。ああ、バルバンコが近くにあればなあ...。ビールで幸せになった後は松川べりでスナップ。ちなみに地元に帰った後は1人で飲みに行った。

 

20180401_11

 

20180401_17 多少オーバー目の露出狙いだったけどさじ加減が難しい。

 

 

FH000016

 

20180401_14色んな国の人達が思い思いに楽しんでいて素敵だなと思った。

 

 

富山駅前でクラフトビールを飲むなら「barbanco」

 

20180401_121

 

20180401_120

SNOW MONKEY IPA x2 → レモンヴァイツェン。サクラゴーゼ飲むつもりだったのに脳みそスカスカだから忘れていた。料理も最高に上手かった。これまた脳みそスカスカだから名前は覚えていない。グラタンみたいなやつだ。

 

 

 

 

20180402_08

帰りは「あいの風とやま鉄道」でのんびりと。車窓からの景色が新鮮だったなあ。あと駅に迎えに来てる人達の姿を見てなんか素敵だなと思った。

 

Hyper Mountain Gear 2400 Windrider

 

20180402_04

突然なんのこっちゃ?って感じですが富山に行ったついでにバックパックを購入。いつか使用レビューでも書いてみたいなー。

 

 

以上まとまりのない絵日記でした。

松川べりにて

20180331_23

 

It was a beautiful day

 

 

20180331_06

 

 

20180331_08

 

 

20180331_05

 

 

20180331_04

 

 

20180331_15

 

 

20180331_07

 

 

20180331_12

 

 

20180331_09

 

 

20180331_11

Today was a good day

 

 

Hi-Standard / Sunny Day

Ice Cube / It Was a Good Day

 

OLYMPUS OM-1N

OM-1N_1

ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ

 

ピーキーでもなんでもない普通のカメラだし、こんな電波も受信してないし、このセリフ書きたかっただけ。「OM-1N」でスナップして撃沈って話。フィルム無駄にできないしMFはモタモタするし、いつも以上に余裕がなくて必死も必死。あとレンズは「ZUIKO MC AUTO-S 50/1.4」を使ったけどこれまた「?」な状態。50mm好きなのにどうにもブルドッグ。すでに何を書いてるのかもわからない。

 

OM-1N_2

フィルムがもったいなくて取り直しができないのがつらい(貧乏性)。

 

OM-1N_8

なに撮りたかったんでしょうね。

 

OM-1N_6

構図の整理なんて考えてる余裕なし。アマちゃんだぜ。

 

OM-1N_9

とかなんとか言いつつもフィルムで撮るの楽しかったのでした。

 

おわり。

ローンピークの悲劇

OM-1N_4

城ヶ平山 killd the Lone Peak 3.0

 

・ローンピーク3.0のセール品(40%OFF)を富山市の「OUNCE」さんで購入。 
・ローンピークといってもローンの支払いがピークに達しているわけではない。 
・多分。
・とりあえず履きおろしに城ヶ平へ。 
・3週間ぶりの山登りでグダグダ。 
・トレランという名のなにか(ただのスピードハイク) 
・登山道雪解けグチャグチャのドロッドロで足が死ぬ。 
・足を滑らせ低空ドロップキック→シューズのアッパーが破れる(枝に敗れる)。 
・下山後の温泉で洗面台に左手強打(なんなんだ)。 
・もはやこれまで。 

下山後OUNCEさんにリペアの方法を聞いたら「あて布」をして縫い付けるのがベターとの事でした。

僕の不注意で破損させたのに丁寧な対応をしていただいて感謝しています。ありがとうございました!

 

 

OM-1N_3

城ヶ平山〜ハゲ山までラン。ランっていっていいのかなあ...ってレベルだけど。

 

OM-1N_5

 お昼はビバークレーションのトマトキック味。お湯少なめにすると濃くて美味しい(ただし喉が渇く笑)。

 

 

f:id:hironofx:20180325215110j:plain

破損箇所。貫通しなかったのが幸い。トレランシューズだからいつかこうなるとはいえ、履きおろしでコレは流石につらい笑。

 

 

f:id:hironofx:20180325220627j:plain

とりあえずあて布をする前にモンベルリペアシートを貼り付けてみた。あわよくば「このままで!」と思っていたけど、粘着力はそれほど強くないのでやっぱり応急処置でしかないなー。しかも貼り付け面がメッシュ状で、その下の別レイヤーに細かな砂利や水が入ったら速攻で剥がれてしまいそうな予感。

 

 

出発前の脳みそスカスカの浮かれポンチ

 

 

yamap.co.jp

剱岳を眺めに

FH000023

千石城山 × ESPIO 120SW

 

FH000011

 

FH000007

 

FH000014

 

FH000009

 

FH000001

 

FH000008

 

FH000021

脳みそスカスカデミー賞

 

グサグサの雪を踏み抜いて地球の核まで到達。ワカンはアブダクションされた。

この日焼けがすごい2018ノミネート。日焼け止めはどっか行った。

水、コッヘル、ガス缶、箸、カップ麺は持っていった。バーナーは忘れた。

ファンヒーターを付けっぱなしで登山に出かけた。

フィルムを現像待ちで時間を潰したのに受け取るの忘れてた。

 

僕の脳みそを知りませんか。

どこかに忘れてきたらしい。

 

 お湯の施しをは受けない謎の意地。

 

 

yamap.co.jp